闇金の本当の恐ろしさは高金利と威圧的な取り立て

日常生活の中でお金の不足に悩んでしまった時には、消費者金融や銀行などから手軽に借り入れを行うと便利です。しかしこれらの金融機関は申請者の借り入れ条件が一定の基準に満たなければその借り入れ申請を断ってしまうケースもしばしばあります。特にすでに他社からの借り入れが総量規制の限度額に達していたり、あるいは過去の借り入れにおいて返済が滞った経験があると申請通過が難しくなります。そこでついつい闇金に手を伸ばしてしまう人も多いでしょう。

闇金ではこういった消費者金融や銀行で審査落ちしてしまった案件でも簡単に審査通過し、希望通りの融資が受けられます。しかしその代償として法外な金利がかけられるケースも少なくなく、これが返済不能になると自宅や勤務先へ執拗な取り立ての電話が及んだり、実際に取り立て人が自宅や勤務先を訪ねてきたり、時には言葉で威圧したり、暴力行為に及んだりするなど恐ろしさが助長されていくことになります。

こうやって徐々に追い詰められ、最終的には生命の危険を感じたり、他社のさらに金利の高い借り入れに調印させられたり、さらには生命保険による自死を迫られたり、何らかの違法行為を強制されるなどの結果を招くことも少なくないのです。これが闇金の恐ろしさと言えるでしょう。




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *